フォームデコード テンプレートファイルの基本・注意点

No.H0022

テンプレートファイルの基本

フォームデコードを公開し、ホームページ訪問者の入力内容をメールで受け取る際、入力内容の確認ページを表示させたり、受信するメールを整形することで、より便利にご利用いただけます。そのためには、テンプレートファイルを作成し、FTPサーバー上の適切なフォルダにアップロードする必要があります。
テンプレートファイルとは、確認ページの表示やメールを整形する場合の「ひな型」となるものです。CGIプログラムは、フォームデコードの入力情報とテンプレートファイルをまとめ、確認ページやメールを自動生成します。

フォームデコード + テンプレートファイルでできること

  • フォームデコードで入力されたデータを確認ページで表示する
  • フォームデコードから送信されたメールを整形する
  • フォームデコードで入力されたデータを確認ページで表示し、送信されたメールを整形する

テンプレートファイルの基本的な設置手順

  1. テキストエディタ (例:Windows付属「メモ帳」、Macintosh付属「SimpleText」)を利用し、フォームデコードを設置するHTMLファイル (<BODY>〜</BODY>内の任意の箇所)に、フォームデコードタグ・利用するテンプレートファイルの指定を含んだタグを記述します。
  2. フォームデコードHTMLのNAME属性 (例:NAME="test")を元に、テンプレートファイルをテキストエディタで作成します。
  3. FTPソフトを利用し、作成したフォームデコードHTML・テンプレートファイルをFTPサーバーにアップロードします。
  4. ブラウザ (Internet ExplorerやNetscape Communicator等)でフォームデコードの動作を確認します。

1.フォームデコードHTML作成の注意点

フォームデコードHTML作成時の注意

利用可能な変数名・属性名 半角英数字のみ
注意点 変数名は大文字・小文字を区別して扱われます。

フォームデコードHTMLで送信できるデータ範囲

送信できるデータ範囲は、フォームデコード内の <form>〜</form>間に記述された内容です。なお、1枚のフォームデコードHTML内に複数のフォームデコードの記述がある場合、正常に送信ができません。

2.テンプレートファイル作成の注意点

利用可能なファイル名 半角英数字 - (ハイフン) . (ピリオド) _ (アンダースコア)
ファイル文字コード Shift_JIS、JIS 、 EUC日本語コード (半角カナを利用した場合、文字化けの原因になります。また、EUC日本語コードの場合、まれに文字コードの判定に失敗する可能性があります。)
拡張子 tpl (例:test.tpl)

テキストエディタを利用して作成してください。

3.テンプレートファイルを置く場所

ご利用のホームページサービス テンプレートファイルを置くサーバーの場所
個人ホームページ・フリーアドレス フォームデコードのHTMLファイルと同じフォルダ
独自ドメイン名ホームページサービス htdocs と同じ階層にある template フォルダ
MMJPホームページサービス htdocs 内にある !template フォルダ (※3)
SSLサーバー htdocs 内にある !template フォルダ (※3)

(※3)お客様ご自身で htdocs 内に !template フォルダを作成する必要があります。

テンプレートファイルは、ご利用のホームページサービスに応じたフォルダへ置いてください。

  • 個人会員の方|ログイン
  • 法人会員の方|ログイン

ASAHIネット会員のID、パスワードを
ご用意ください。

パスワードを忘れた方はこちら

ご友人・知人紹介キャンペーン

お引越しのお手続き